鶴見区(つるみく)

生麦(なまむぎ)/横浜市鶴見区生麦5丁目
 
   
 ▲早朝からオープンしています ▲JR国道駅/無人駅でドラマのロケ地 
旧東海道沿いの魚河岸
 江戸時代の末期、文久2年8月21日薩摩藩士がイギリス人4人を殺傷した事件が世に言う生麦事件です。この事件のおかげで、小さな集落が全国に一気に知られるようになりました。そんな歴史的なところに、魚介類の卸屋さんがずらりと並んでいるのです。通称「生麦魚河岸通り」といい、一般客も詰めかけます。
JR国道駅はドラマのロケ地として頻繁に登場
 この日は土曜日の朝7時、半分は休業で、開いている店も後片付けで忙しいのです。この通りは旧東海道でもあります。戦後の建物ばかりですが、黒瓦2階建て平入りや看板建築がほとんど。降り立ったJR国道駅はドラマのロケ地によく使われます。また生麦事件の碑や墓もあり、旧東海道散策に寄る人が多いとか
。 
地名ナマムギの由来は諸説紛々
 ところで地名の由来ですが、いろいろな説が流布しています。①砂丘のなめらかな形状を表している。ムギには砂丘などのむき出しになってよく見える地形の意味があるからです。②徳川家康が入国のころ、生麦を刈って街道を開発していていたから。これは『新編武蔵国風土記稿』に載っています。③また、この村が礫まじりの砂場であるところかとか。『新編武蔵国風土記稿』には鶴見川の運搬した土砂が堆積してできた土地だから……。いろいろあります。
 感動度★★
 もう一度いきたい度★★
 交通 JR鶴見線国道駅から徒歩すぐ
 
本町(ほんちょう)/横浜市鶴見区本町通
 
旧カフェ街の面影
 京浜工業地帯の鶴見地区のど真ん中にある旧カフェ街です。鶴見小野駅から歩くこと10数分,住宅街のなかでやっとそれらしき建物を見つけました。「鶴見入船カフェ街」の一部です。不思議なことに1回見つけると,それらしき建物が次々と見つかるのです。
大工業地帯を背景にした住宅街
 商店街を含め大工業地帯を背景に大きく発展した町です。逆に言えば工業地帯の盛衰と運命を共にする地区でもあります。今は普通の住宅地になっています。
 
感動度★
 もう一度いきたい度★
 交通 JR鶴見線鶴見小野駅から徒歩12分
 
獅子ヶ谷(ししがや)/横浜市鶴見区獅子ヶ谷町
 
   
▲旧横溝家住宅/獅子ヶ谷村名主  ▲神明社/獅子ヶ谷集落の守り神 
農村から郊外型住宅地へと変遷
 古くは鹿谷と書きました。熊野権現の所領で,獅子舞を受け持った,ということが地名の由来とか。小机城の支城と思われる獅子ヶ谷城址も発掘されています。
いまも残る名主・旧横溝家住宅
 江戸時代は典型的な農村ですが,名主を思わせる旧家も点在。旧横溝家(横浜市指定文化財)は養蚕も行なっていました。戦後は野菜畑が広がり、都市への供給地として発展。昭和50年代後半から宅地開発が進み、いまでは近くに大型のスーパーもでき,現代住宅も建ち並ぶ典型的な郊外型住宅地に変貌しました。
それでも旧市街地が神明社付近に広がっています。 
感動度★
 もう一度いきたい度★
 交通 東急東横線綱島駅からバスで神明社下車徒歩10分
 

                       ▲ページの先頭にもどる