宮城県

○一番町(いちばんちょう)/仙台市青葉区一番町 
 
   
▲仙台銀座/仙台空襲の後の横丁  ▲仙台朝市/今では仙台の観光名所 
   
▲花そば(330円・福はら)仙台駅前  ▲天丼付きラーメン(500円・つるや) 
バラックが並ぶ壱弐参横丁
 壱弐参と書いて“いろは”と読みます。仙台空襲後,露天商たちが集まり中央公設市場を設立。昭和21年のことです。これが壱弐参横丁の前身です。生活必需品から飲食店まで約100軒余。主な二筋の通りは「青葉小路」,「松竹小路」と命名。昼間からお酒が飲めます。
「丁」と「町」の使い分けの法則
 仙台城下では、侍の住む屋敷町とそこを通る道を含めて「丁」(ちょう)と呼びます。また足軽や町人の住む町を「まち」と呼びました。とはいうものの城下の拡大によって例外も生じました。そういう意味からも繁華街の「国分町」(こくぶんちょう)は「こくぶんまち」と呼ぶ方が正しいといえます。 
 
 感動度★
 もう一度いきたい度★★
 交通 JR東北本線仙台駅から徒歩10分
 ○文化横丁(ぶんかよこちょう)/仙台市青葉区一番町
 
昭和レトロの面影を残す飲み屋街
 大正13年(1924)に形成された「東百軒店街」がルーツとなっています。当時映画館「文化シネマ」が近くにあったので、そのまま文化横丁と呼ばれるようになったそうです。しかし第二次世界大戦での仙台空襲で、あたり一帯は焼け野原。そのなかから文化横丁がよみがえりました。飲食店が1軒、また1軒と増えていったのです。建物はすべて戦後のもの。増改築を繰り返しながら、いまの昭和レトロのたたずまいを残しています。いまは「ぶんよこ」という愛称で呼ばれています。
TVドラマ『小さな神たちの祭り』のロケ地
 TBCドラマ『小さな神たちの祭り』(2019年11月放送)のロケ地としても使われました。カレーショップ酒井屋で、晃(千葉雄大)と美結(土村芳)が偶然あうことになります。東日本大震災後を描いたドラマで、脚本は内舘牧子、そのほかの出演はサンドイッチマンや笛木優子、マキタスポーツさんなどが出演しています。なおテレビ部門で数々の賞を受賞しています。 
 感動度★
もう一度行きたい度★
交通 地下鉄青葉通一番町駅から徒歩5分
○東一市場(とういちいちば)/仙台市青葉区一番町
 
戦後のバラックからスタートした市場
 終戦後の昭和21年、仙台市一番町にある西本願寺の境内で、衣料や食糧品などの生活必需品の販売からスタート。当時は簡素なバラックから始まりました。まさに“闇市”の雰囲気が漂う混沌とした町並みでした。昭和31年には市場の土地を拡張し、職住一体型の2階建てビルにリニューアル。それまであった「一条通り」、「二条通り」はそのままビルの1階通路名として使用。2階は立ち入り禁止になっています。そして少し離れた通りを「三越通り」(写真)と呼ぶようになりました。全部で60店舗以上の飲食店や化粧品店、各種物販店などがギッシリ連なります。この3本の通りのなかで、やはり三越通りが趣が感じられます。
映画『ラストレター』(2020年公開)のロケ地
 岩井俊二監督作品『ラストレター』(出演/松たか子、広瀬すず、福山雅治ら)が東一市場の三越通りがロケ地になっています。豊川悦司さん演じる阿藤の暮らすアパートや中山美穂さん演じるサカエのスナックのある路地として撮影が行われました。
感動度★
もう一度行きたい度★
交通 地下鉄南北線勾当台(こうとうだい)駅から徒歩5分
 
○小田原(おだわら)/仙台市青葉区小田原 
 
かつて一大遊郭地でした
 仙台の中心地にあった常盤丁は多くの妓楼が立ち、一大遊郭を形成していました。ところが明治27年、陸軍第二師団の郊外に移転せよ」の要請に、現在の小田原(旧小田原北一番丁通~三番丁通)に移転したのです。以後、仙台を代表する遊里へと発展しました。一部には新常磐町遊郭と呼ぶ人もいます。昭和初期で貸し座敷(妓楼)は33軒、娼妓は310人ですが、大部分が近県からの女性だそうです。妓楼は一等格から3等格まであって、1等格は安積楼、昌平楼の2軒。2等格は中正楼、新竹楼など10軒。3等格は若松楼、新安積楼など21軒です。
帝国大学学生や陸軍兵士らが通う
 江戸時代はのどかな田園地帯で、田畑、山林、馬の放牧などが広がっていました。仙台藩の養蜂場があった地でもありました。しかし明治時代に様相は一変。帝国大学学生や陸軍の軍人、各地の商人らが遊郭に集まります。さらに戦後になって鉄道が開通、住宅地として発展していきます。いま、遊郭の面影は全く見ることがありません。
 感動度★
 もう一度行きたい度★
 交通 JR仙山線東照宮駅から徒歩15分
○昭和町(しょうわまち)/仙台市青葉区昭和町 
 
こぢんまりした「仙台浅草」
 昭和45年に旧荒巻などの町が集めてできて町です。もともと材木商の土地でしたが、戦後に廃業。昭和33年(1958)、その跡地に北仙台駅前交易センターができ、東京・浅草にあやかりたいと仙台浅草と命名。昼間は雑貨店や飲食店、夜は飲み屋街で、約30店ほどのこぢんまりした商店街です。しかし一時期は空き家が多く、活気を失うほどでした。
東日本大震災後、他地区で被災した若手店主たちで復興
 平成23年(2011)3月11日の東日本大震災のあと、他の地区で被災したり、店舗が取り壊しになったりした若手店主がやってきて、それまであった空き店舗がほぼ解消。いまは客層も若返り、週末になるとたいへんな賑わいになるそうです。 
 感動度★
 もう一度行きたい度★
 交通 地下鉄・JR仙山線北仙台駅から徒歩5分
○通町(とおりちょう)/仙台市青葉区通町 
 
   
▲横山味噌醤油店/大正9年築  ▲安田畳店/江戸時代から歴史あり 
   
▲改築後ユニークな形になる   ▲北仙台カトリック教会昭和26年築 
わずかな古民家が点在
 奥州街道沿いの町です。藩政時代から畳職人,大工,瓦屋,左官など職人が多く住んでいました。もともと仙台城下の奥州街道の17の町全体が通町と呼ばれていました。しかし明治に入って,一部地域だけの呼び名になりました。
鉄道の新駅誕生で、取り残されます
 奥州街道は青葉神社の参道と重なり,明治以降多くの参拝客で賑わいましたが,その後新たな鉄道の開通,新駅の誕生ですっかり寂れました。街道沿いには改修された古民家が点在。裏手にまわると腰板塀のある屋敷など散見できます。ところで青葉神社は、藩祖・伊達政宗をまつっている神社です。
 
 感動度★
 もう一度いきたい度★
 交通 地下鉄南北線北四番町駅から徒歩10分
○子平町(しへいまち)/仙台市青葉区子平町 
 
   
▲千田家住宅/仙台市の天然記念物に指定。毎年公開されます   ▲壽徳時/伊逹家ゆかりの古刹。釈迦如来坐像など文化財も多い
「子平町の藤」で一躍有名
 戦後の新しい町名で、『海国兵談』の著者・林子平の墓が竜雲寺にあるところから命名。子平の名を一躍有名にしたのは、「子平町の藤」で、千田家に咲くフジのことです。江戸時代からすでに旧町名の「半小町(はんこまち)の藤」として知られていました。今ほとんどブロック塀に変わりましたが古民家も多数見られます。
仙台市の天然記念物に指定
 「子平町の藤」は仙台藩初代藩主・伊達政宗が、朝鮮出兵に際して文禄2年(1593)に朝鮮半島から持ち帰った藤を、所有者である千田家の先祖が拝領したと伝えられています。
 現在、樹齢420年と古木と推定されています。仙台市指定の天然記念物です。 
 感動度★
 もう一度行きたい度★
 交通 JR仙山線東北福祉大前駅から徒歩15分
○八幡(はちまん)/仙台市青葉区八幡 
 
   
▲庄子屋醤油店/国の登録文化財  ▲龍宝寺/釈迦如来立像は重文
   
▲大崎八幡宮/国宝とみたらし団子セット(300円・鞍)大崎八幡宮休憩所内 
 ●作並街道沿いに古民家
 藩政時代、大崎八幡宮、龍宝寺の門前町として栄えました。また山形方面から来る作並街道の街道口でもありました。そのため信仰だけではなく経済、文化の要所。各時代の絵図などから判断しますと、町の成立年代は慶長年間(1596-1615)と考えられます。ところでこの広い街道から電柱、電線が消えたのが平成13年でした。そんな中で古民家が街道沿いに(国道48号)点在しています。
大崎八幡宮の社殿は豪華な桃山式建築です
 大崎八幡宮の社殿は石之間(あいのま)を有する権現造りの古式を伝え、京都北野神社と日光東照宮の両様式の中間に位置する豪華な桃山式建築です。
  
 感動度★
 もう一度行きたい度★
 交通
 JR仙山線東北福祉大前駅から徒歩30分
○北山(きたやま)/仙台市青葉区北山 
 
   
▲光明寺/支倉常長の墓があります  ▲東昌寺/境内の大部分は青葉神社
   
▲覚範寺/慶長7年に開山   ▲資福寺/アジサイ寺といして有名 
   
▲輪王寺/山門は仙台市指定文化財  ▲青葉神社/潘祖・伊達政宗を祀る 
 ●樹林に囲まれた北山五山
 仙台城下の北端の台原段丘の西側を占めています。仙台城の鬼門にあたる北方の砦として注目したのがココ北山です。江戸時代、伊達氏縁故の寺々が防衛の意味を兼ねて配置されました。特に5つの寺が破格の待遇を与えられ、“伊達五山”と称しました。その後、丘陵の南麓に次々と寺が移転。門前町を形成していきます。いまは一般に“北山”、“北山五山”と呼ばれています。
樹林に囲まれた小路
 急坂や周囲の路地を歩いていますと、古民家は見られず、特に震災以降はほとんど建て替えられたとか。しかし樹林に囲まれた道はホッとします。
 
 感動度★
 もう一度行きたい度★★
 交通 地下鉄・JR北仙台駅から徒歩20分
○南材木町(みなみざいもくまち)/仙台市若林区南材木町 
 
   
▲小林薬局/明治時代は味噌醤油蔵  ▲丸木/南材木町で最古の土蔵 
修景事業がすすむ土蔵群
 江戸時代は,仙台城下二十四町の一つで,奥州街道沿いに位置する町人町でした。藩政時代から木材の専売特権が与えられていた所です。またたばこの専売権も持っていました。南材木町は隣の河原町と共に城下町の南の入口にあたります。交通の要衝から,多くの商人が集まりました。針生家はコンニャク粉の問屋商売を独占。大正時代は秋保電鉄の創業者・小林家,また仙台市営バスの前身,銀バスを走らせた伊勢家など。
戦火を逃れた町に修景事業が進む
 歩いていますと,修景事業が進み,土蔵が甦っています。戦災をのがれた街並みだけに、わずかですが古民家が見られます。
 
感動度★
 もう一度いきたい度★
 交通 地下鉄南北線河原町駅から徒歩3分 
○新寺(しんてら)/仙台市若林区新寺 
 
   
▲正楽寺/山門は寛保2年の建築  ▲善導寺/庭園やサクラが美しい 
   
▲孝勝寺/2代藩主夫人の菩提寺  ▲光寿院/仙台33カ所観音札所です 
   
▲松音寺/鐘楼門が美しい  ▲阿弥陀寺/時宗の寺は珍しい 
仙台藩の東の守りを固める
 もともと八塚、八塚寺町とも呼ばれていましたが、そこえへ寛永12~13年(1635-36)ごろ、寺小路周辺のわずかな寺が移転してきました。その後、足軽屋敷も配置され、仙台藩の東方面の守りとなったのです。
約30余が集まる仙台最大の寺町
 話はとんで昭和38年に都市改造計画が発表。というのも戦災を受けなかったため、道幅が狭く、街並みもゴチャゴチャしていたからだとか。墓地の移転など寺院側との激しい対立がありましたが、なんとか道路を拡張し美しい街並みができたのです。現在30余か寺が集中。季節の花々が咲き、仙台最大の寺町を形成しています。 
 感動度★
 もう一度行きたい度★
 交通 地下鉄東西線宮城野通駅から徒歩15分
○五橋(いつつばし)/仙台市若林区五橋
 
旧奥州街道沿いの集落
 江戸時代からの地名で、清水小路に五つの橋が架かっていたことが地名の由来。ちなみに西は上染師町から東は連坊小路の西入口までを五橋通りと言います。
明治時代から学生たちでにぎわう町
 明治43年五橋中学校の前身・東二高等小学校が設置されました。その後、各種の学校がこの地を校舎として発祥していくのです。旧奥州街道沿いの集落で、歩いて見ますと、今でも土蔵や店蔵などの古民家が残っています。また東北大学や、東北学院大学のキャンパスがあり、若者たちで賑わっています。
 
 感動度★
 もう一度行きたい度★
 交通 地下鉄南北線五橋駅から徒歩5分
○南鍛冶町(みなみかじまち)/仙台市若林区南鍛冶町 
 
伊達藩時代からの職人町
 奥州街道沿い集落に,伊達政宗とともに岩出山から多くの鍛冶職人が移ってきて、荒町の東側に住まわせました。仙台藩には北と南の2つの鍛冶職人の町がありましたが,いまは南だけになりました。そして地名が残っているのはそのころの名残です。
東漸寺に往年の名横綱・谷風の供養碑
 南鍛冶町にも幾つかの寺院が残されています。なかでも泰心院は伊達植宗夫人の牌所。特に山門は県の文化財に指定されています。また東漸寺には名横綱といわれた谷風の供養碑があります。ところで江戸末期には600余人が住んでいたそうです。
 
感動度★
 もう一度いきたい度★
 交通 クルマは離れた所の100円パーキングに停めました 
 ○荒町(あらまち)/仙台市若林区荒町
 
荒町商店街で100年ぶりに回文団扇が復活
 御譜代町六町の一つ。伊逹藩開府当時は南町西裏にありましたが、寛永4~5年(1627-28)ごろ現在地に移されました。麹のの専売特許を与えられ、奥州街道沿いの商人の町として発展しました。また回文師・仙代庵の「渋うちわ」は伝統的な名産品でした。いま「回文団扇」として100年ぶりに荒町商店街で復活させたそうです。
●寺町は藩の防衛面で重要な地
 仙台のほぼ中央を通る県道沿いに多くの寺院が建ち並んでいます。曹洞宗,日蓮宗,真言宗,神社,カトリック教会などあらゆる宗派が揃っているのです。ほとんどが仙台開府時に各地から移転してきたもので、仙台藩城下の防衛面でも重要な位置を占めていました。
 
 感動度★★
 もう一度いきたい度★
 交通 クルマは付近の100円パーキングに停めました
 
○長町(ながまち)/仙台市太白区長町 
 
奥州街道で城下の入口にあたる宿場町
 仙台城下より江戸へ向かう最初の宿場町です。慶長17年(1612)に藩に取り立てられ、平岡村の南長町宿と根岸村の北長町宿とで一宿としました。城下に入るためには宮沢渡戸(わたど)を使いましたが、長町渡戸(後の長町橋、現在の広瀬橋)ができたので、廃止されました。さらに、奥州街道の城下の南入口としたために、従来からの東街道は廃止されたのです。なお東街道とは、国府・多賀城に至る古代の官道「東山道」とほぼ重なります。奥州街道が整備されるまでの主要街道。
闇市の旧長町マーケット
  もともと天賞酒造の土地で、近くの材木商が借り受けて市場を造りました。戦地からの引き揚げ者なども加わり、雑貨、食品など日用品を中心に“闇市”を形成。その後、昭和50年代に土地の権利を各商店に譲渡。さらに今では9割が飲み屋になりました。こぎれいな木造モルタル2階建てが中心です。 
感動度★
 もう一度行きたい度★
 交通 JR・地下鉄長町駅から徒歩3分
 
○中田(なかだ)/仙台市太白区中田 
 
   
▲冠木門が特徴的な武家の旧家? ▲春日療養園の石塀が続きます
名取川の氾濫時の川止め対策用の宿場(?)
 奥州街道が整備されたのは、仙台藩主・伊達政宗以降になります。それまでは高舘を通る東街道が主要な幹線ルート。しかし江戸時代に入りますと、伝馬制の採用とともに幹線ルートは奥州街道に変わっていきました。仙台城下を出て最初の宿場が長町宿、そして次が中田宿になります。中田宿との距離は4kmとわずかです。しかしあいだに名取川があり、仙台城下へ向かう人たちにとって、名取川の氾濫で川止めになった場合、どうしても宿場は必要だったそうです。
鉄道駅が誕生すると仙台市の近郊都市となります
 名取川の氾濫により、土砂の流れで自然堤防が発達します。そのため砂質の畑地が多いのが特徴で野菜の生産地でもありました。大正13年10月、奥州街道西側に国鉄陸前中田駅(現・南仙台駅)が完成すると、農産品の移出が盛んになります。同時に仙台市内への通勤客の増加で、近郊都市の性格を強めるのです。
宿場の面影は消えていました
 いまは県道273号線になっています。交通量の多い道路ですが、歩道があるので安心して歩けます。かつて、旅籠屋、小間物屋などが並ぶ小さな宿場町でした。街道に面して間口がとられ、板戸を開けると、酒や醤油、小間物などが商えるようになっていました。そんな面影はなく、古民家がポツンと点在する程度です。
感動度★
もう一度行きたい度★
交通 JR東北本線南仙台駅から徒歩15分
 

                   ▲ページの先頭にもどる

 ○気仙沼(けせんぬま)/気仙沼市魚町
 
   
▲大火から逃れた看板建築や町家などがまだまだ残されています  
   
▲2階家の商家が多く見られます  ▲ラーメンと餃子(850円やまと食堂
国の登録文化財が続々誕生
 5回目の訪問です。気仙沼は旧市街地は寂れていますが,いまでは南気仙沼駅周辺のほうが賑やかです。しかし古い町並みは,魚町を中心にした旧市街に集中しています。
 気仙沼は大正4年(1915)と昭和4年(1929)の大火で,市内を焼き尽くしました。だからいまある建物の大部分が昭和初期に建てられました。平成14年に発足した風待ち研究会の調査で,文化財級の建物がたくさんあると報告されたのです。そして幾つかの建物が文化財として登録されたのです。ところで気仙は、計仙麻(けせま)の略で、アイヌ語のケセモイに由来とか。
気仙大工の腕前の高さ
 このあたりの建築群は長方形ではなく,不整地な敷地の上に建てられており,「気仙大工」の伝統的な技術の高さを証明しているといいます。また漁業を中心とした経済力の高さが示され、全国有数の漁港。特にマグロ、カツオ、イカ、サンマは抜群。 
感動度★★★
もう一度行きたい度★★★★
交通 クルマは港近くの有料駐車場に停めました
 
○有壁(ありかべ)/栗原市金成有壁 
 
   
▲戦前の立派な建物も残ります  ▲旧奥州街道沿いの集落です 
260年前の本陣が残る
 奥州街道沿いにある宿場町で、元和5年(1619)に幕府の命により宿駅が置かれました。一関藩に属しています。本陣1軒,脇本陣1軒があり,松前,八戸,盛岡一関の藩主が参勤交代の際に宿泊しました。現存する本陣は,1744年(延享元年)に改築された後の姿がそのまま見ることができます。また明治に入って明治天皇が2度立ち寄られ,休息されたとか。
戦前のガラス戸が印象的です
 有壁というのは,岩穂山の白岩が壁のように見えたからという説があります。それはともかく,街道沿いを歩きますと,農家の住まいが立派なこと。開口部が広くガラス戸が印象的です。
 
 感動度★★
もう一度行きたい度★★
交通 クルマは無料駐車場に停めました
○志津川(しづがわ)/南三陸町志津川字五日町 
 
昭和52年(1977)にやっと鉄道が開通
 志津川まで来ると,なにやら遠くに来たなあ,という感じがします。江戸時代は赤穂から持ち帰った赤穂流の塩田法が成功。また養蚕,製糸業,漁業など,村はそれなりに発展していきました。それにしても交通の便が悪すぎます。陸の孤島と言われてが,昭和52年に国鉄気仙沼線がやっと開通しました。
●大火や地震,津波が襲う不運の歴史
 気仙沼に通じる東浜街道の宿場町でもあります。ただし明治から昭和にかけて何度も大火や地震,津波に襲われており,古民家は極端に少なくなったのは残念です。町名の由来は、当地を流れる川の古名・清水(しず)川が転じたものといわれています。
 
 感動度★★
 もう一度いきたい度★★
 交通 クルマは南三陸商工会の駐車場に停めました
 
 ○登米(とよま)/登米市登米町寺池
 
   
 ▲看板建築のおしゃれな町   ▲武家屋敷通りに茶店がありました 
   
▲警察資料館(旧登米警察署庁舎)  ▲水沢県庁記念館・平成3年に公開 
あのオンボロ庁舎が懐かしい
 3度目の訪問です。登米はのどかな感じで,好きな町の一つです。今はどうかわかりませんが,最初に登米町役場を訪れたとき,バブル全盛期にもかかわらず木造のオンボロ庁舎だったことに驚きました。
「宮城の明治村」と呼ばれます
 登米は明治期の建物が,たくさん残っています。ただ,結構広範囲に点在しています。旧水沢市庁舎,旧登米警察署,写真の旧登米高等尋常小学校などです。別名「宮城の明治村」と言われるゆえんです。ちなみに登米市は「とめ」,町名の登米町は「とよま」と読みます。とよまの由来は、古代陸奥国遠山(とおやま)村が転訛したものだそうです。 
 感動度★★★
 もう一度いきたい度★★★
 交通 クルマは無料駐車場に停めました
○古川(ふるかわ)/大崎市古川七日町
 
仙北交通の要でもあります 
 南北縦貫の奥州街道と東西横断で石巻など、数多くの脇街道が交差する宿場町として発展しました。いわば仙北交通の要の地でもあります。大崎五郡の中心地にあり、しかも土地が肥沃で米穀経済の中心になるのは必然でした。当然宿場町は大きく、稲葉村・三日町、大柿村の七日町・十日町が連なって。宿場を形成したのです。
風情のある商家や酒蔵が残る
 特に七日町が中心地で酒蔵を改造した「みちのく古川食の蔵 醸室」となっています。緒絶川(おだえがわ)沿いの蔵は風情が感じられます。古川の町名由来は、中世以来の郷名が転訛。
緒絶川は古来より「命の絶えた川」と言われます
 緒絶川は古来よりたびたび氾濫し、その都度流れを変えました。そのため以前の川筋が切れてしまい、あたかも流れを失った川のようで、「命の絶えた川」と言う意味で緒絶川と呼ばれたそうです。そしてその川筋に架けられた橋を緒絶橋(おだえばし)と呼びました。緒絶橋は万葉集にも登場します。
 
 感動度★★
 もう一度いきたい度★★
 交通 クルマは大崎市役所に停めました
○松山(まつやま)/大崎市松山千石 
 
   
 ▲土蔵などの蔵造りが続きます ▲明治20年建築された座敷蔵(解体) 
商家の残る町並み
 仙台藩伊達家の重臣・茂庭家(1万3000石)の城下町として栄えました。また松山地区独特の座敷蔵は見ごたえがあります。特に内部の装飾には目を見張ります。また角田醤油店では明治時代に造られた座敷蔵が残って、松山の町並みに影響をあたえました。
東日本大震災で解体された座敷蔵
 過去たびたびの災害で修復を続けてきた座敷蔵は、東日本大震災で大きく毀損しました。部材の入手が難しいことと、修復費用4000万円に上るため、とうとう大崎市は予算不足で解体されました。
往年の歌手・フランク永井の出身地
 「一ノ蔵」酒造のあるところで,酒ミュージアムも見所です。この日は往年の歌手「フランク永井追悼展」が行われていました。
フランク永井は「有楽町で逢いましょう」が空前のヒットし、以後数々のヒット曲を歌いました。日本レコード大賞受賞をはじめ紅白歌合戦は26回連続出場を記録しています。毎年、地元で『フランク永井歌コンクール』が開催されています。 
 感動度★★★
 もう一度いきたい度★★
 交通 クルマは松山公民館の駐車場に停めました
○三本木(さんぼんぎ)/大崎市三本木 
 
舟運を利用した河川港として発展しました
 南北の奥州街道と東西の中新田街道の交差する宿場町です。三本木は鳴瀬川を挟んで,北町と南町の二つ分かれています。北町には江戸時代の本陣,脇本陣が置かれていました。南町には鳴瀬川沿いには米倉が建ち並び,鳴瀬川の舟運を利用して石巻へ,さらに江戸へと米を運んでいました。ただ明治に入ってからは,少しずつ舟運も途絶えだし,鉄道駅からも離れ,町自体は過疎化の方向に進みました。
北町に多い古民家
 どちらかといえば商家や町家は北町に多く残されています。町名の由来は、鳴瀬河岸にあった3本の榎木にあるとか。 
感動度★★
 もう一度いきたい度★
 交通 クルマは鳴瀬川沿いの空き地に停めました 
○岩出山(いわでやま) /大崎市岩出山 
 
   
▲森民酒造店/明治16年創業の老舗  ▲有備館は伊達藩の学問所 
5つの街道が分岐する交通の要
 北羽前街道から中新田(なかにいだ)街道(旧水戸街道)、・松山街道・宮崎街道・宮沢街道などが分岐する交通の要衝。それにしても街道の多いところです。でこの要の地に「岩出山本郷宿」と称する宿場町が置かれました。
俳人・松尾芭蕉も一泊しました
 当然、松尾芭蕉の『おくのほそ道』にも登場し、同行した曾良の『随行日記』にも句が見られます。現在、仲町と城山通り交差点に「奥の細道芭蕉一泊の地」碑が見られます。
弱冠2歳の藩主の学問所・有備館が見もの
 伊達政宗の4男,当時2歳の宗泰が家老とともに移り,岩出山伊達藩となり1万5千石の知行を得ました。地割りなど当時の城下町の雰囲気を残していますが,古民家は有備館以外にも少し見られました。 
感動度★★
 もう一度いきたい度★★
 交通 クルマは旧有備館の駐車場に停めました 
○川渡温泉(かわたびおんせん)/大崎市鳴子温泉川渡 
 
駅からは「行きはよいよい、帰りはこわい」でした
 鳴子温泉郷の一つで「脚気の川渡」と言われている湯治場です。横山(305.5m)山麓で、江合(えあい)川畔に位置します。古街道が江合(荒雄)川を渡った地であることから命名されたとか。JRの駅からは下り坂なので楽々行けるのですが、駅までの帰りが大変。停車本数の少ない上に道路はず~っと上り坂で、ダイヤに間に合うように息絶え絶えで走ったことを覚えています。
町家の屋根と庇に注目
 宝暦・明和のころに仙台藩御用の湯となり、藩主も利用したそうです。天保11年(1840)には12代藩主・伊達斉邦が入湯しています。木造旅館のほかに,独特の屋根,庇を持つ町家が目に付きます。
 
感動度★
 もう一度いきたい度★
 交通 JR陸羽東線川渡温泉駅から徒歩25分 
○鳴子温泉(なるこおんせん)/大崎市鳴子温泉湯元 
 
わずかな古民家
 鳴子温泉駅前を中心に広がる歓楽的要素の強い近代的な温泉街。歴史は古く,藩政時代中期以降,仙台藩の御用湯となり,湯治場として繁栄しました。歩いてみますと,土産物店,各種飲食店などが並びますが,古民家はわずかでした。
『続日本後紀』では地鳴りは雷のよう……で「鳴声」
 『続日本後紀』(しょくにほんこうき)では、「承和4年(837)4月16日に玉造塞(たまつくりのき/古代の城)配下にある温泉石神が雷のごとく鳴り・振動し、昼夜止むことなく、しかも温泉が川に流れ、山は焼け谷は埋まり、地鳴りは雷のようでした……」とあります。鳴声が鳴子に転訛し、地名の由来ともいわれています。
『義経記』では赤子が初めて泣いたので「啼児」(なきご)
 また『義経記』にも義経の奥方が出産、弁慶が笈(おい)に入れて東に向かいましたが、全く泣くこともなく気づかれなかったそうです。ところが赤子はこの地で初めて泣いたので「啼児(なきご)」といい、これが鳴子に転訛したそうです。
 
 感動度★
 もう一度いきたい度★
 交通 JR仙台駅から高速バスで鳴子温泉車湯から徒歩10分
 
○藤ケ崎(ふじがさき)/美里町藤ケ崎町 
 
駅前に大正ロマンの旅館
 小牛田(こごた)駅前に立つと,大正2年創業の旭館が目に付きます。大正ロマンが香りますが,裏手にまわりますと,昭和初期と思われる幾つかの古民家も。鳴瀬川と江合川にはさまれた地域で,江戸時代は水害に悩まされていました。
大正2年に小牛田駅が移転してから発展
 このあたりが発展したのは大正2年(1913)に小牛田駅が、ココに移転してからです。商店や、旅館街、さらに国鉄関連施設などがあって、市街地を形成していました。ところで、藤ケ崎町は合併する以前の町名・小牛田町の不動堂村の小字(こあざ)でありました。 
感動度★
 もう一度いきたい度★
 交通 JR東北本線小牛田駅から徒歩10 
○中新田(なかにいだ)/加美町西町 
 
   
田中酒造店/寛政元年の創業   ▲山和酒造店の酒蔵(南町) 
酒屋さんも3軒あります
 中新田は旧町名。羽後街道と羽前街道の交差する交通の要衝にあり,酒造メーカーも3社あります。古い町並みは,途切れ途切れに残っており,歴史のある町だけに意外にも,見所も多いところです。
「中新田の草刈鎌」は細々と生産
 酒造業のほかに、宮城県の伝統産業の一翼を担うのが「中新田打ち刃物」です。江戸時代初期・仙台藩の刃匠でもある舟野五郎兵衛によって始まったとされますが、資料がほとんど残されていません。日本刀と同様の作り方で、「金型」が存在しません。逆に言えば職人の技だけで自在に作れたともいえます。とくに草刈鎌は刈りやすくて研ぎやすいという良質の製品。いまは手作りの職人は少なく、“伝統産業”として保護しなくてはいけない状態だとか。 
 感動度★★★
 もう一度いきたい度★★
 交通 クルマは加美町役場に停めました
○大和(たいわ)/大和町吉岡 
 
   
▲昭和5年築の大和町武道館  ▲けっこう古民家は多く見られます 
伊達政宗の子・宗清が城下町を造る
 伊達政宗の第三子・伊達宗清は飯田氏を継ぎ、はじめは下草に入部しましたが、元和2年(1616)に吉岡に移転し、城下町の建設を行いました。そして多くの家臣団が宗清の居館のまわりに屋敷を構えたのです。町の入口やその他の要所には足軽屋敷が配置され、町屋敷とを区分けしました。また伊達郡飯坂(福島県)や黒川氏以来の由緒を持つ多くの社寺も移転してきて、寺町を形成。しだいに城下町が造られていくのです。
昭和初期の洋館
 吉岡は陸羽街道と羽後街道の分岐点で,江戸時代は参勤交代路としての役割を果たしていました。また大和武道館は,旧吉岡小学校講堂で,なんと瓦葺きです。窓がユニークで外壁は下見板張り。
 感動度★★
 もう一度いきたい度★★
 交通 クルマはスーパー西友の駐車場に停めました
○富谷(とみや)/富谷市富谷 
 
お宮さんが十もあるので十宮(とみや)と……!?
 秀吉の仕置きで豪族・黒川氏の支配が終わり,伊達領が確定しました。そこで仙台への直通道路・奥州街道が造られ,七北田と吉岡の間に,富谷宿が設けられたのです。かつてお宮が十もあり、そこから十宮(とみや)と呼ばれたそうです。
古い町並みの見学コースが設定
 西川に架かる御所橋を渡り,新町巡りの古い町並み見学コースが設けられています。のんびりと歩くと,意外にも古い町家が多く残されています。また本陣跡,脇本陣跡などの掲示板がありがたいです。
内ヶ崎酒造店は県内で最古の造り酒屋
 ところで富谷新町にある内ヶ崎酒造店は、宮城県内では最も古い酒造店といわれているそうです。
創業は寛文元年(1661)で「鳳陽(ほうよう)」という銘柄です。 
 感動度★★★
 もう一度いきたい度★★★
 交通 クルマは富谷町役場駐車場に停めました
○中央(ちゅうおう)/石巻市中央
 
2棟の近代建築が健在
 東日本大震災の津波の影響を受けましたが,倒壊は逃れ,1階内部の流失のみで済んだようです。市内にも幾つかの近代建築が残されており,市も積極的に保存活用しようとしています。立町商店街もいまは寂れた感じですが,元気になるまでもうすぐです。
地名・石巻の二つの由来
 地名の由来は、伊寺川(伊治川すなわち迫(はさま)川の古名)の水門(港)という意味で、「伊寺水門(いじのみなと)」と称されていました。この「いじのみなと」が「いしのまき」に転訛したといいます。もうひとつ、大島神社(石巻村端郷住吉町)の前を流れる北上川のど真ん中に烏帽子岩(えぼしいわ)があり、その石で川水が渦を巻いて流れている様子から「巻石」と称し、これが地名になったとか。
 
感動度★
 もう一度いきたい度★
 交通 JR仙台駅前から高速バスで石巻駅前下車徒歩7分
 
○北境(きたざかい)/石巻市北境 
 
長屋門のある豪華な造り
 とにかく豪華な造りの農家なのには驚きました。武家屋敷のような長屋門があるのですが,その奥行きの長さが4~5mもあります。倉庫のような使い方をしているようですが,どの農家も造りが豪華なのです。漆喰壁の下半分が板張り,屋根は黒瓦葺きで,豪農といった感じがしました。一部屋根にスレート葺きが見られます。たぶん、江戸時代からの旧名主の旧宅ではないかと推察。
長屋門の奥にはさらに大きな主屋
 人影のまったく見られない通りを約200mほど歩きました。長屋門の奥には,超大きな母屋があります。車が2~3台停まっています。
 
感動度★★★
 もう一度いきたい度★★★
 交通 クルマは車は道幅の広いところに停めました
 
○塩竃(しおがま)/塩竃市本町 
 
土蔵や洋館,町家が多い
 銘酒『浦霞』の地元です。また本町,宮町の通りには格子戸のある町家が見ることができます。洋館も目に付きますが,これらは明治末期から戦後まもなく,塩竃石で造られたとか。塩釜港には倉庫群も目に付きます。
4代藩主・綱村の政策「港町・門前町・遊郭」の三拍子
 塩竃神社は、奥州一宮として伊達氏の崇拝を受け、歴代藩主からも手厚い保護を受けていました。ところがどっこい、寛文13年(1673)御船入堀(おふないりぼり)の完成で、塩竃へ入港する船が激減、町は衰退していくのです。伊逹藩四代藩主・綱村は憂い悲しみ、以後数々の政策「塩竃への御恵み」
の特例を公布します。税の減免、米以外の物資の荷揚げ促進。さらに酒造業も1郡1軒を2軒に増やしたり、芝居興行の開催許可、何より遊女を抱えた旅篭屋を黙認、松嶋遊覧の入口に当たることもあって、港町・門前町・遊郭の三拍子そろったのです。 
感動度★★
 もう一度いきたい度★★
 交通 クルマは雲上寺の駐車場に停めました 
○青根温泉(あおねおんせん)/川崎町青根温泉 
 
   
▲不忘閣/青根御殿と呼ばれている  ▲名号館/140年歴史の木造2階 
   
▲青根洋館/明治末期に来日した宣教師たちの住宅として建設。その後現在地に移転、いまは観光案内所、喫茶室、作曲家・古賀政男の資料など展示 
仙台藩主・伊達家が愛用した湯
 天文15年(1546)に砂金氏の家臣が大湯,同時期にその家臣の子が名号湯を発見したと伝えられています。新湯はもう少し後になるとか。仙台藩主・伊達家の隠し湯ともいわれ,藩士やその夫人,一門の武士,文人墨客などが訪れています。それらの記録としての古文書,典籍等は,青根温泉で最も歴史のある不忘閣に収蔵。
ガラス張りの歴史的建造物
 通りを歩いていますと木造の旅館が点在しています。ガラス張りが往時のハイカラさを表していたのでしょうか。廊下を歩くギシギシ音が聞こえてきそう。 いまは蔵王観光の登山と宿泊の基点になりました。
 
感動度★★
 もう一度いきたい度★
 交通 クルマは無料駐車場に停めました 
 ○村田(むらた)/村田町村田
 
   
 ▲紅花を扱う豪商が続きます ▲ラーメン500円・餃子350円・松月 
北国の「蔵の町」
 村田といえば、いままで東北自動車道のジャンクションのあるところぐらいしか認識がありませんでした。ところが行ってびっくり、蔵造りの商家がたくさん残っているのです。かつてそのほとんどが江戸時代の紅花商だったそうで、江戸、仙台、山形への街道の分岐点だったことから、豪商が集中しました。紅花や藍は、大坂や京まで出荷していたそうです。
 この日は、2度目の訪問でしたが,前回と違ってじっくりと見てまわりました。宮城県にこれだけの蔵造りの商家が残っているのは珍しいです。重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。
1本の街道沿いに集中
 村田のいい点は,空き屋もありますが,ほとんどの土蔵に人が住んでいることです。数では喜多方の方が多いですが,ココは1本の街道沿いに集中していますので,歩きやすく見学しやすい。
 感動度★★★★
 もう一度いきたい度★★★
 交通 クルマは無料駐車場に停めまし

              ▲ページの先頭にもどる

○大河原(おおかわら)/大河原町西浦 
 
奥州街道沿いの宿場町
 大河原宿は奥州街道沿いの宿場町で,仙台から9里と近く,大勢の旅人たちの宿泊や休み処として栄えました。
 また江戸時代から,紅花の集積所としても栄え,多くの豪商たちを生みました。紅花は,江戸のほか,上方でも人気があり,京,大坂へも多量に出荷されています。ほかに煙草の村上屋,生糸の須藤屋などの問屋も栄え,奥州街道沿いの宿場としては,柴田郡内では最も栄えた町でもありました。
俳人たちの寺子屋開塾が続く
 文政年間(1818-30)、町の商人や医師たちの間で俳句が流行しました。村井江三を筆頭に多くの俳人が輩出し、10数種類にのぼる句集も刊行。しかもこれらの著名人たちは、寺子屋を開設し、学問の普及に力を入れたのです。なかでも医師・佐藤玄節の佐藤塾、医師・日下玄徳の日下塾、それに村井江三による村井塾が有名でした。
美しいなまこ壁が連なります
 江戸時代末期の店蔵がいくつか残っており,なまこ壁がとても美しい。現在は国や県の出先機関があり、広域行政の中心地でもあります。
 
 感動度★★
 もう一度いきたい度★★
 交通 クルマは役場の駐車場に停めました
○柴田(しばた)/柴田町船岡西 
 
『樅の木は残った』の文学碑
 明治維新まで柴田氏が居住した館跡を中心にした城下町です。現在の船岡公園が,柴田氏の居城があったところです。公園には、山本周五郎『樅の木は残った』の文学碑があります。また伊達騒動で知られたところ。幕末,戊辰戦争で敗退し,家臣とともに北海道に移住したが失敗し引き揚げています。
役場周辺に残る古い町並み
 船岡公園は桜の名所として知られており,今回,その人混みに巻き込まれました。そのためクルマの渋滞と駐車場探しに本当に困りました。役場周辺に古い町並みが残っています。蔵造りやナメコ壁を施した町家など,しっとりとした感じの町です。
 
 感動度★★
 もう一度いきたい度★★
 交通 クルマは柴田町役場の駐車場に停めました
○岩沼(いわぬま)/岩沼市中央 
 
馬市にも多くの人が集まりました
 奥州街道と陸前浜街道の交差する宿場として発展しました。現在も国道4号と6号の分岐点。南町には本陣が,中町には脇本陣が置かれ,東北地方の大名たちが利用しました。また竹駒神社の門前町として発展しました。特に年数回開催される馬市には多くの人たちが集まって,大変に賑わったそうです。そのため喧嘩,放火,押し売りなどの悪行がはびこり,仙台藩は厳しく取り締まりました。
奥州街道沿いに商家の店蔵が残る
 岩沼宿は旧国道4号線の奥州街道沿いにあり,商家の店蔵などが残されており,歴史の町並みとして興味深く歩くことができます。 
 感動度★★
 もう一度いきたい度★★
 交通 クルマは仙台銀行岩沼支店の駐車場に停めました
○亘理(わたり)/亘理町中町 
 
土蔵造りが多数見られる
  江戸時代は,伊達成実氏が支配し城下町として発展しました。この体制は明治維新まで変動がありません。町並みには商家が並び,江戸時代中期には呉服店,木綿,薬種,小物などを扱い,酒屋に至っては10軒近くあったとか。また阿武隈川の水運を利用することで,米や海産物を扱い,町は大いに発展し六斎市も開かれました。建物も蔵造りが多く,なまこ壁を見かけます。いずれも築100年以上もたっており,見どころの多い町並みでもあります。
平安時代の『和名抄』に和多里(わたり)が明記
 町名の由来は平安時代中期の辞書『和名抄(わみょうしょう)』に和多里(わたり)とあり、阿武隈川の渡しを意味したそうです。
 
 感動度★★
 もう一度いきたい度★★
 交通 クルマは空き地に停めました
○角田(かくだ)/角田市角田
 
 ●町割りは江戸とほぼ同じ
 江戸時代は伊達家筆頭の石川昭光が約270年間統治していました。居城は牛が臥している姿に似ているので、臥牛(がぎゅう)城と呼ばれました。また阿武隈川を利用した水運が盛んで,物資とともに仙台や江戸からの文化がかなり入ってきたと思われます。
城下町の面影は見られません
 城下町と思われる町並みはほとんど見ることができません。城の周辺には上級の侍屋敷を置き,その外側に商人を住まわせたそうです。寺院や町家が仲町や本町にかろうじて残っています。ただし全体的に近代建築に変わりましたが,町割りは往時とほとんど変わらないとか。
感動度★
 もう一度いきたい度★
 交通 クルマは郷土資料館に停めました
 
○丸森(まるもり)/丸森町町西 
 
何を思ったのか丸森城から鳥屋館に移住
 戦国時代、伊達氏と相馬氏の激しい闘いのあと伊達氏の所領なりました。その後丸森城を拠点としましたが、伊達政宗の家臣・大篠薩摩守実頼が丸森城に入城。ところが何を思ったのか、丸森城の南側に鳥屋館を建設し丸森城かた移住。その後天和2年(1682)に大篠氏に代わって佐々氏が拝領し幕末まで続きます。丸森城から鳥屋館に移住した理由はいまだによくわかっていません。
江戸時代の百姓一揆が失敗し首謀者は牢死
 江戸時代は、鳥屋館主・佐々氏の知行地と蔵入地(くらいりち)でした。知行地とは家臣などに与える土地。蔵入地は藩主などの直轄地のことです。佐々氏はこの両方を持っていました。文政6~8年(1809-11)に肝煎・多兵衛を頭として年貢減免、労働による課税の不役(ぶやく)の縮小を藩主に要求する百姓一揆を起こしましたが、失敗。多兵衛は牢死し、70余人の処罰者を出しました。
豪商・齋理(さいり)と共に発展
 江戸から昭和にかけての豪商・齋理は呉服,養蚕,金融,醸造などを営んでいました。その後、屋敷や古文書などの資料,商売道具などを丸森町に寄贈。いまは蔵の郷土館として利用されています。  
  感動度★★
 もう一度いきたい度★★
 交通 クルマは無料駐車場に停めました
○中町(なかまち)/白石市中町
 
ひときわ目を引く壽丸屋敷
 藩政時代,白石六町といわれたうちの一つです。いまは市の中心にある商店街を形成しています。いま幾つかの古民家が見られますが,ひときわ目を引くのが壽丸(すまる)屋敷です。豪商の家屋ですが,いまでは市に寄贈され数多くの催しを開催されています。
国の文化財に登録されました
 壽丸屋敷は、店蔵が明治の中期、主屋・金庫蔵が大正12年に造られました。この住居は江戸の豪商たちとよく似た建築だそうです。いまは白石まちづくり(株)が管理・運営しています。また国の登録文化財でもあります。 
  感動度★
 もう一度いきたい度★
 交通 JR東北本線白石駅から徒歩6分
○益岡(ますおか)/白石市西益岡町 
 
 ●沢端川沿いの武家屋敷
 復元された白石城下の沢端川沿いに立つ,片倉家中武家屋敷の光景が美しい。沢端川は白石城の外濠の役割を果たしています。城の東側を流れ、鯉が放流されています。昭和45年に風致地区に指定されています。しかし町並みはこの一画だけです。あとは白石城内を歩くと往時の雰囲気が漂っています。 
益岡城とも呼ばれたこともあります
 ところで白石城は益岡城とも呼ばれていました。約50mの丘陵の上に築かれた平山城です。慶長7年(1602)12月、片倉小十郎景綱が伊達政宗より拝領し、明治維新まで居城しました。
 感動度★★
 もう一度いきたい度★★
 交通 クルマは武家屋敷駐車場に停めました
○鎌先温泉(かまさきおんせん)/白石市福岡蔵本鎌先一番  
 
木造4階建て旅館は現役
 やはり「湯主一条」の木造4階建てが知られています。大正から昭和にかけて増築された建築ですが,いまも現役で、クギを使わないで建てられた旅館だそうです。湯治の湯でもある最上屋旅館も昔ながらの“旅籠”の雰囲気を残しています。
湯治場の雰囲気を持つ静かな温泉地
 かつて農夫が水を飲むために鎌の先で岩をこじ開けたところ温泉がわき出たとか。鎌崎,釜崎とも書きます。600年の歴史を持つようですが,切り傷に効くといわれ仙台藩主をはじめ,武士階級に人気上昇。そのため御仮小屋まで建てられました。いま歩いて見ると,歓楽温泉街とは全く違う、湯治場の雰囲気を持つ静かな温泉地でした。
 
 感動度★★
 もう一度いきたい度★★
 交通 クルマは観光客用駐車場に停めました
○斎川(さいかわ)/白石市斎川 
 
   
▲旧検断屋敷/門の脇に「検断屋敷」の碑がある。仙台藩の宿駅関係の一切の仕事を取り締まり、統括するところ。近年、屋根が葺き替えられました 
白壁の切り妻造が続く
 長く続く朽ち果てた土塀と医薬門をくぐると,意外に真新しい屋根の古民家・検断屋敷が目に入りました。住民の方は5年前に葺き替えたとか。また明治天皇の休憩所でもありました。本陣はなく,旅籠も数軒,百姓や町民が駄賃をとって泊めたといわれています。 
民家が木賃を取って宿の役割を果たす
 人馬の指しだしを指揮する検断は島津家が代々勤めていました。助郷からの人馬の徴発のことです。島津家は肝煎も兼ねており、力を持っていました。斎川には本陣はなく、整った宿は化政期(1804-30)に3~4軒あった程度です。しかし民家が木賃を取って宿泊させていました。茶屋を濁り酒を売る店もあって、けっこう賑わったようです。
箱館奉行設置後、蝦夷地往復の途中利用
 特に箱館奉行が置かれた享和2年(1802)以降、蝦夷地往復の公用者で多忙だったようです。
 感動度★
 もう一度いきたい度★
 交通 クルマは道端に停めました
○上戸沢(かみとざわ)/白石市上戸沢
 
七ヶ宿街道最初の宿場
 七ケ宿街道(しちがしゅくかいどう)沿いの宿場町です。奥州街道の桑折宿で分かれ,小坂峠を越えて仙台藩に入り,金山宿を超えて楢下宿に至る街道が七ケ宿街道にあたります。
仙台藩の武士や足軽が常駐
 桑折宿(福島領)から仙台藩に入った最初の宿場町が,この上戸沢宿です。宿場といっても、小さなものでした。ココは他の領地と接するためか仙台藩の御番所が置かれていました。そのため,警備の武士や足軽なども常勤していたので,意外に発展。いまは茅葺きもなく(1軒だけ無人の茅葺きあり),ごく普通の田舎の光景を見せています。
 
 感動度★★
 もう一度いきたい度★★
 交通 クルマは空き地に停めました
○下戸沢(しもとざわ)/白石市下戸沢 
 
数多く残る茅葺き屋根
 その昔,上戸沢宿を出ると次の宿場にあたります。現在の羽州街道(県道46号線)とは逆になります。念のため。
 今も残る茅葺き屋根の農家は,北から南へと街道の両側に立ち並んでいます。江戸時代の農家は,旅人宿も兼ねており,建物もかなり大きく,頑丈な造りでもありました。
参勤交代で多くの藩が利用宿
 七ケ宿街道はもともと伊達藩から米沢藩への連絡路としての機能を持っていたのですが,参勤交代制度が確立すると,多くの諸藩が利用するようになったのです。しかし明治に入って鉄道が開通すると、宿場の役割は終わり、衰退していきました。
 
 感動度★★★
 もう一度いきたい度★★★
 交通 クルマは空き地に停めました
○横川(よこかわ)/七ヶ宿町横川 
 
江戸時代中期、木地師の定住地
 通りを歩いていますと,「木地の里」という看板が目に付きます。先祖は木地師だったようです。お椀や盆などに使う良質な木材を求めて各地を渡り歩く人たちをさします。ただこの地に定住したのは江戸時代中期・元文年間(1736-41)といわれています。
旧茅葺きの“三角屋根”が続く集落
 いま歩いていますと、チリ一つない清潔な町並みに気がつきます。そして茅葺き屋根のほとんどは,トタン葺きやスレート葺き屋根,瓦葺きなどに改造されています。もちろん茅葺き屋根の古民家も残り,大型の旧養蚕住宅も見られます。それにしてもほとんど人と出会うことのない静かな集落でした。
 
 感動度★
 もう一度いきたい度★
 交通 クルマは道端に停めました
○関(せき)/七ヶ宿町関 
 
庄内藩士が宿の主人を斬る!
 七ケ宿街道(しちがしゅくかいどう)沿いでは大きな宿場町。街道のほぼ中間に位置します。出羽十三大名や巡見使などの宿泊も多く、宿場中央にある渡部家が代々肝煎・検断および本陣を勤めました。
 それだけ大事件も起こります。文化6年(1809)6月26日、庄内藩士が関宿の最上屋の主人を斬るという事件が起こりました。この問題は、文化8年(1811)幕府の許可無く参勤交代路の変更、さらに藩政担当者の失脚という事件にまで発展しました。
本陣で戊申の役での東北各藩の方向を決める会議
 戊申の役において、関は重要な役割を果たします。戦略上、伊達家一門の伊達弾正が配備されます。明治元年(1868)4月1日に関本陣で、仙台、米沢、会津各藩の家老が集まり、東北諸藩の方向を決める重要な会議が行われました。
昭和32年に本陣を解体してしまう
  歴史的に重要な位置にある本陣を何を思ったのか、昭和32年に解体されてしまいました。とりかえしのつかないことです。この地は公共機関等があるだけに賑やかな集落です。食堂もあります。それだけに古民家は少なく,街道沿いにわずかに点在するのみ。
 
 感動度★
 もう一度いきたい度★
 交通 クルマは消防第一団の駐車場に停めました
 ○滑津(なめつ)/七ヶ宿町滑津
 
   
▲茅葺き屋根の食堂兼土産物店  ▲旧山中七ヶ宿街道 
本陣の威容を見せる安藤家
 下戸沢宿を出て渡瀬宿,関宿に続く宿場です。肝煎・検断は江戸初期から天保期まで桜井家が勤めました。以後、安藤家に代わります。現存する桜井家庭園と安藤家建物は、本陣の威容を見せてくれます。
積雪が多く収穫の少ない土地柄
 それにしても江戸時代の農民たちの生活は貧しい。村高は16貫483文とあります。石(こく)ではないのです。田畑は常に“冷水がかかる”土地柄で、積雪も多く、収穫が少ない。飯米や旅人への賄い米は最上(山形県)より購入したそうです。
藩の国替えに引っ越し代金や酒代を村に要求
 そんなおり、弘化4年(1847)2月15~16日に秋元藩の国替え引っ越しが行われるのです。その引っ越し駄賃、酒代を村民に負担せという。これに怒った農民たちは、村あげて(肝煎はのぞく)反対運動をおこします。そして湯原番所に直訴するのです。しかし失敗します。
「日本の道100選」
 七ヶ宿街道は明治32年に奥羽本線開通後,急速に寂れました。吉田松陰も宿泊した町でもあり、いまは「日本の道100選」です。
 
 感動度★★
 もう一度いきたい度★★
 交通 クルマは無料駐車場に停めました
○峠田(とうげだ) /七ケ宿町峠田
 
昭和初期の大火で“閑散”
 かつては茅葺き屋根だったと思われる古民家が点在しています。しかしいずれも屋根は葺き替えられており,街道沿いの建物も改装されています。昭和12年(1937)の大火で,宿場の大半が消滅しました。大火から逃れた家屋が,改装改築されたのです。いまは東端入口のくいちがい道路が旧街道の面影が見られます。
伊達と上杉の戦いは伊達が圧勝!
 慶長5年(1600),白石の役(白石城の戦い)のあと,宿場が成立。伊達政宗は峠田と隣の湯原を横尾伊勢実光に治めさせました。宿場の長さは1丁48間(約200m),家数は34軒だったそうです。白石の役は伊達政宗軍と上杉景勝軍の戦いで、伊達政宗が圧勝。
 感動度★
 もう一度いきたい度★
 交通 クルマは峠田公民館の駐車場に停めました
○湯原(ゆのはら)/七ケ宿町湯原 
 
   
▲改築された古民家が多数あります  ▲東光寺/山門は江戸時代築 
所々に入母屋造を散見
 江戸時代は参勤交代や城米輸送,出羽三山詣で賑わいました。宿場の西2kmに追分があり,山形県の置賜地方,最上地方に通ずる要衝。村民は人馬継立てを主な生業としていました。いま,歩きますと改装された入母屋造が散見できます。
明治から大正は酪農
 明治20年東北本線開通、明治32年奥羽本線の開通で七ケ宿街道の各宿場は、その機能を失い衰退していきます。しかし湯原は製炭業、酪農、馬車運送業へと転換していきます。材木の切り出しなどが行われましたが、特に酪農に力が入ったようです。茂ケ沢牧場の新設、その後梅津牧場となり、大正のはじめ乳牛の飼育、乳製品の生産をはじめました。大正8年の牧場火災後、生乳のまま出荷するようになったそうです。ただその後火災が相次いだのも事実です。
 感動度★
 もう一度いきたい度★
 交通 クルマは空き地に停めました
 
○稲子(いなご)/七ケ宿町稲子 
 
とうとう住民が一人になりました
 湯原から稲子へ稲子林道(町道湯原-稲子線と併用)を走ったのですが,途中道路が半分崩れており,軽自動車でギリギリ通れるというスリル満点のドライブでした。それにしても,限界集落の象徴のようなところ。平成29年(2017)、とうとう1人になってしまいました。そのことは新聞やテレビで話題になったくらいです。
養蚕住宅の名残り
 江戸時代は伊達藩警護の最南端で,足軽屋敷を設けていました。同じころ,木地師や炭焼で生業をたてる人が住むようになりました。昭和初期に100人前後まで増え、戦後の一時期小学校の分校もありましたが,今は相変わらずの過疎地。歩きますと養蚕住宅の名残も。ココは果たして町並みか!?
 
 感動度★
 もう一度いきたい度★
 交通 クルマは消防団稲子班の駐車場に停めまし

                             ▲ページの先頭に戻る